単なる通過点

メール⇒fokerya145@choco.la、大阪在住、30代男、日々の記録や思いを書いています。興味持って頂けたら気軽にコメントやメールなどして下さい。

今日もメンヘラが構ってと喚いてる

子供が痛いと泣くのは親に構って欲しいからです。だから、例えば子供が転んで泣いていても親が気づかなかったら直ぐに泣き止み、親の目の入るところまで走ってから再び泣き始めます。だから、虐待されて育つと泣いたり痛いと言ったり助けを求める事が無くなります。無駄だから。


そして時が経って、自分の本音を人に伝える事が困難になっていきます。潜在意識に、話してもわかって貰えない、話しても無駄というのが根付いているから。人に理解されたい思いと葛藤して、本音を話さないのにわかって欲しいという滅茶苦茶な事を願い、追い求めたりします。


するべき事は、理解者を探し追い求める事ではなく何故本音を話せないのか自分の価値観を観察して、今では不要になった事を捨てていけば自然に話せるようになります。

そんな事より、おっぱいが揉みたい

個人の努力だけでどうにもならない政治経済など金持ち権力者が好き勝手している今の日本社会に絶望している。この絶望感から脱却する手段として今選んでいるのは、世の中を完全に無視する事だ。


スピリチュアルな観点から見て、


1、構えば構うほどエネルギーが強くなってどんどん引き寄せる。


2、逆にスルーすればする程に私の体験から遠ざかる。


3、そんな中で個人でも出来る事はする。自民党や野党には票を入れずに日本第一党とかNHKから国民を守る党などに投票する。


4、テレビや新聞等から距離を取り、記憶の浮上や思考からも距離を取る。


5、朝鮮人は見ない、聞かない、関わらない、近寄ってきたら叩き出す。


6、物理的にはともかく精神的には難しいので、気付きの瞑想を積極的に行う。


7、Twitterで死にたいを連呼してる人がいたので、プリンを勧めておいた。


8、取り敢えず、おっぱいが揉みたい。


まぁそんな感じで、出来る事はする、そして出来る事を増やしていく、そして出来ない事は気にしないようにする。


大津のいじめ自殺事件で地裁判決が出た。私の知識と経験上、いじめ加害者が日本人の場合はある程度のところでやめる。朝鮮人の場合は、死ぬまで大多数で追い込み、それを楽しんで笑える習性を持っている。だから、出来るだけ早い段階で親兄弟、弁護士などの法律家、警察、我が子をいじめ自殺で失った人達が主催してる市民団体等に助けを求めた方が良い。


いじめもそうだし、恋愛でもそうだけど、良い人ほど甘えがある。自分は正しい事をしてる、間違えた事はしていないから必ず報われる筈だ、いつか必ずわかってもらえると。それが通じるのは、相手がまともな人間の場合である。恋愛だと、悪党が散々好き勝手にセックスした後でやっと女は気付いてる。いじめ加害者は、いじめをする時点でまともな人間では無いから、というか人間じゃないから話しが通じる訳が無い。街で刃物持って暴れてる人を見たら全力で逃げて警察を呼ぶように、加害者からは全力で逃げて警察を呼ぶのが本来のあり方だ。恥ずかしいとか自分が劣ってるとかじゃなくて、加害者が頭おかしいだけだから。


大人しい人にはとことん追い込み、反撃されたら被害者面する。まともな人間は彼ら(朝鮮人)と関わって良い事など何も無い。私が育ったところは、区民の3〜4割が在日コリアンという異常な場所で公立の小中学校の半数が在日という異常なところだ。朝鮮人に関して、私は経験から言ってるのに、ろくに関わっていない奴が差別云々と言ってくる事があるけど、そういう頭のおかしい奴とも関わるだけ無駄である。